2018年03月09日

平成29年度第1回アプリケーション委員会を開催しました

中央コリドー高速通信実験プロジェクト推進協議会は、平成30年3月9日に西新宿ドム会議室にて、平成29年度第1回アプリケーション委員会を開催しました。
中村主査より開会の挨拶の後、出席者より自己紹介、甕副会長より講師の紹介を行いました。
続いて、@「院内外遠隔アラーム通報実験と将来への課題」と題して独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター神経内科部長の中村昭則氏(当委員会主査)が、A「在宅医療の高度化に向けたICT利活用の取組」と題してキッセイコムテック株式会社常務取締役企画管理本部本部長の城取学氏が、B「予防接種実施判定支援システムについて」と題してNECネッツエスアイ株式会社営業統括本部の長谷川嘉彦氏が、C「IoTハイブリッドセンサーネットワーク」および「高度センシング技術」による医療・介護支援システムの取組みについてと題してYRP研究開発推進協会事務局次長の柘植晃氏が、また特別講演として「医療ビッグデータの活用について」と題して厚生労働省保健局医療介護連携政策課保険システム高度化推進室室長の赤羽根直樹氏がそれぞれ講演され、それぞれのご講演に対し活発な意見交換をすることが出来ました。
H29アプリ委員会.png
posted by CCC21活動状況 at 00:00| Comment(0) | 委員会活動報告