2017年03月30日

平成29年3月30日平成28年度第1回ターミナル委員会を開催しました。

【活動状況】
中央コリドー高速通信実験プロジェクト推進協議会(CCC21)は、平成29年3月30日に
当CCC21協議会事務所会議室にて、ターミナル委員会を福地主査の司会により開催しました。
当日は、福地主査をはじめ、委員4名、講師2名、CCC21関係者を含む総勢19名が参加しました。
福地主査のご挨拶の後、委員、講師、および事務局から以下のような講演、紹介、提言があり、活発な質疑応答・議論が行われました。

@ 生涯学習を改めて考えよう ---1世紀先の未来を考える--- 
・・・・ (NPO全国生涯学習ネットワーク会長、NPO東京雑学大学理事) 高原委員
A 三世代生涯学習大学 中野校(設立に向けて)---中野区を科学立区に---
・・・・ (中野校校長、首都大学東京 客員教授)川島幸之助様
B 三世代生涯学習大学 山梨校  ---プログラミングで夢を---
・・・・ (NPO山梨情報通信研究所 事務局長)岩崎政彦様
C こども大学 ---未来の種を植え、未来を創る---  
・・・・ (新産業創出研究所 代表取締役 所長)廣常啓一様
D 今後のターミナル委員会について ---三世代生涯学習大学の充実と発展---
 ・・・・ (中央コリドー協議会 事務局長)北原雄二

これらの講演、紹介に関し質疑が交わされ、今後の三世代生涯学習のあり方に関して北原事務局長より提言、自由討議が行われました。
その後出席者による懇親会が行われました。平成29年3月30日平成28年度第1回ターミナル委員会.jpg
posted by CCC21活動状況 at 00:00| Comment(0) | 委員会活動報告

2016年10月05日

平成28年度第1回ネットワーク委員会を開催しました。

中央コリドー高速通信実験プロジェクト推進協議会(CCC21)は、平成28年10月5日に
当CCC21協議会事務所会議室にて、新藤・ネットワーク委員会主査の司会により開催しました。
当日は、新藤主査をはじめ、委員8名、CCC21関係者を含む総勢22名が参加しました。
新藤主査のご挨拶の後、委員及び(株)中央コリドー甕代表から以下のような報告、紹介があり、活発な質疑応答・議論が行われました。

@ 農業生産高度化イノベーションクラウド構想について ・・・・・・・・ 新藤主査
A テレワーク、児童見守り等のネットワーク  ・・・・  (塩尻市情報政策課) 金子課長
B IoT時代の情報流通経済 〜参加型IoTプラットフォーム〜
                  ・・・・ (エブリセンスジャパン(株)) 真野社長
C ケーブルIoTの活動状況と松本平IoTプロジェクトについて   
                       ・・・・ ((株)中央コリドー)  甕代表

これらの報告、紹介を踏まえて、中央コリドーにおけるネットワークのあり方に関して晝間副主査より提言、自由討議が行われました。中央コリドーとしては、NICT総合テストベッドを活用して松本平プロジェクトの推進およびケーブルテレビ事業者と連携し、SDN技術をコアに研究機関との連携を推進して、地方創生に貢献していくという提言です。
また、IoT技術の観点で人材育成、特に子供に対する育成が課題であるとの認識を共有しました。中長期的に、自治体と一体となって地元に必要な人材を育成し、併せて定年退職後の人材を活かすためにネットワークを利用したテレワーク機能を活用することで、地方における雇用の拡大、活性化が図れるのではないか等活発な討議が行われ、これらの検討をさらに進めることになりました。

以上で第1回ネットワーク委員会を閉会し、その後出席者による懇親会が行われました。NW委員会.png


posted by CCC21活動状況 at 00:00| Comment(0) | 委員会活動報告

2016年08月26日

平成28年度第1回ケーブルテレビワーキンググループを開催

平成16年8月26日(金)に本年度第1回のネットワーク委員会ケーブルテレビワーキンググループをCCC21事務所会議室において開催しました。
 当日は日本ケーブルテレビ連盟のほか、各地のケーブルテレビ事業会社、関連ベンダー各社、およびCCC21から、25名の参加があり、丸山(須高ケーブル(株) 社長)ワーキンググループ主任の議事進行により議事が行われました。
 丸山主任による8月11日山の日のケーブルテレビ4K生中継放送の状況報告を含むご挨拶の後 ケーブルテレビネットワークによるIoT関連トピックスを中心に各社から以下のような報告や提案があり活発な質疑応答・議論が行われました。

  (報告)
   日本ケーブル連盟におけるIoT事業の検討状況 (日本ケーブル連盟柴垣企画部長)
   ケーブルSTBを利用するエネルギーマネジメント(エリアポータル(株) 晝間社長)
   山梨県ケーブルIPNetWork(YCNIP)構築について
                  ( (株)日本ネットワークサービス 秋山技術部長)
  (紹介)
   ネッツワイヤレスを(MVNO)を活用したIoTソリューション
                  ( NECネッツエスアイ(株) 白石主幹)
   ライフビジョン        ((株)デンソー 情報ソリューション事業室高橋係長)
  (提案)
   CATV連携SDN構想
   松本平(塩尻、松本、安曇野、大町)IoT推進プロジェクト
                  ((株)中央コリドー 甕代表)

これらの報告、紹介、提案に関連して、北信濃地区における須高ケーブル等ケーブルテレビ事業者を中心とする観光プロモーション事業とケーブル連盟活動及び松本平プロジェクトの連携、IoT観光プロジェクトへのNICT開発多言語翻訳サービス(VoiceTra)の活用、ケーブル連盟活動と本CATV WG活動の連携によるIoTプロジェクト提案検討、SDNによるケーブルテレビネットワーク高度化、具体的なIoTプロジェクト検討のベースとして、(株)中央コリドーから提案のあった松本平における観光振興事業について、これら地域のケーブルネットワーク事業会社、自治体と協力して IoT応用の検討を進めること等につき、活発な議論が行われ、これらの検討をさらに進めることになりました。

CATV-WG.jpg


posted by CCC21活動状況 at 00:00| Comment(0) | 委員会活動報告